User Guideご利用の流れ・料金

Usage Flowご利用までの流れ

【見学・相談】
まずは、放課後等デイサービスを見学し、サービス内容や雰囲気を確認してください。また、ご利用に関する相談も承っています。
【受給者証の申請】
お住まいの市区町村の障がい福祉課で受給者証の申請を行います。受給者証があれば、利用料金が割引されます。受給者証の申請を行う場合医師の意見書等が必要になります。
【受給者証の交付】
申請が承認されると、受給者証が交付されます。受給者証を持っている方が対象となりますので、お忘れなく持参してください。
【面談・ご契約】
放課後等デイサービスの利用にあたり、面談やご契約を行います。ご利用に関する希望や要望をお聞きし、最適なプランをご提案いたします。
【ご利用開始】
面談や契約が終了し、準備が整ったら、いよいよご利用開始です。子どもたちが居心地の良い場所で、安心して過ごすことができるよう、スタッフ一同全力でサポートいたします。

Usage Feeご利用金額

9割が行政の負担となり、残り1割をご利用者様にご負担いただくこととなっています。

ご負担いただく料金は、以下を目安としてお考えください。
なお、地域によって異なる場合があります。

主な給付費

項目 区分 金額
放課後等デイサービス給付費
(1)授業の終了後に行う場合
放課後 6,040
放課後等デイサービス給付費
(2)休業日に行う場合
休校日 7,210
専門的支援加算 専門職員 1,870
児童指導員等加配加算
(基準より指導要員を1名以上多く配置した場合)
専門職員 1,870
児童指導員等 1,230
その他 900
福祉専門職員配置等加算Ⅲ (日) 60
家庭連携加算
(月4回を限度)
1時間未満 1,870
1時間以上 2,800
事業所内相談支援加算(Ⅰ)
(月1回を限度)
1回につき 1,000
事業所内相談支援加算(Ⅱ)
(月1回を限度)
800
利用者負担上限額管理加算
(月1回を限度)
1,500
欠席時対応加算(Ⅰ)
(月4回を限度)
940
欠席時対応加算(Ⅱ)
特別支援加算 (日) 540
強度行動障害児支援加算 1,550
個別サポート加算(Ⅰ) 1,000
個別サポート加算(Ⅱ) 1,250
医療連携体制加算(Ⅰ) 320
医療連携体制加算(Ⅱ) 630
医療連携体制加算(Ⅲ) 1,250
送迎加算(片道につき) 1回につき 540
関係機関連携加算 (Ⅰ) 2,000
(Ⅱ) 2,000
保育・教育等移行支援加算 1回を限度として 5,000
福祉・介護職員処遇改善加算(Ⅰ)
(当事業所では社員や職員の賃金等の処遇改善を図っています)
1月につき+所定単位×84 / 1,000
福祉・介護職等特定員処遇改善加算(Ⅰ)
(当事業所では社員や職員の賃金等の処遇改善を図っています)
1月につき+所定単位×13 / 1,000
福祉・介護職員等ベースアップ等支援加算
(当事業所では社員や職員の賃金等の処遇改善を図っています)
1月につき+所定単位×20 / 1,000